ロケーションインテリジェンスは、マーケティング予算におけるモバイルの位置付けにいかにして寄与するか

マーケティングにおける勢力図は常に変化と発展を遂げており、複数の媒体が多様なタッチポイントを提供するようになりました。多様なメディアチャンネルを通じて実施されるマーケティングキャンペーンの効果とアトリビューションの測定は困難な場合があり、時として達成不可能なものです。モバイルテクノロジーとアプリケーションが絶え間なく開発されており、世界中に10億人以上のスマートフォンユーザーがいることから、消費者理解とアウトリーチにおいて、モバイルは不可欠な媒体となっています。

事業主、経営者、マーケター、クライアントおよび代理店にとって、テクノロジーがマーケティングと分析において果たす役割を理解することは最も重要です。マーケターは、検索エンジン最適化(SEO)、ソーシャルメディア、QRコードおよびモバイル決済など既存の分かりやすいツールを使用しています。適切なツールが徐々に導入されてきたことに伴い、マーケターにとってはユーザーのオンライン活動と売上げとの分析ポイントを関連付けることが容易になりました。こうした中でも、オフラインマーケティング活動の効果測定は依然として困難です。しかし、市場の新規参入企業がマーケティング戦略の価値と成果を示すことを遥かに容易にし、市場を再定義しつつあります。

こうしている間にも膨大な量のモバイルデータが生成されており、モバイルはより詳細なレベルにおける消費者理解の源となっています。モバイルデータにロケーション・フットプリントを追加することで、無限の消費者インサイトを得ることができ、初めてアトリビューションが可能となりました。ロケーションは、デジタルユーザーと実世界とを媒介する主要な手段となっています。モバイルを通じてフットフォールを測定することができれば、効果を測定するための第一歩となります。次のステップは、モバイル、デジタルおよびアウト・オブ・ホーム(OOH)メディアを含む様々な媒体のアトリビューションを実施することです。

今日において、多くの消費者による購買決定が複数のタッチポイントによる影響を受ける傾向にあります。例えば、携帯電話や看板で商品を目にしたことにより、消費者が店に入る決断を下した可能性もあります。この場合、フットフォールを促進した媒体を特定することは困難です。それでもなお、客の出足の全体的な増加により、こうした補足的なマーケティング戦略の有効性を測定することができます。メディア計画を最適化するため、特定のオーディエンス向けに多様な媒体を組み合わせた試行を実施することが可能です。

アトリビューションに加え、ブランド向けにオーディエンスを把握し、カスタマイズするために、ロケーションインテリジェンスを効果的に活用することもできます。マーケターは、消費者行動をより良く理解する助けとなる貴重な洞察を収集するにあたり、位置データを活用することが可能です。これは、モバイル市場の有効性や影響力を判断する上で極めて重要な基盤を成すものです。こうした洞察により、マーケターは十分な情報に基づいてオフラインおよびオンラインにおけるマーケティング戦略を決定できるようになります。

将来の計画を立てるにあたり、ブランドはキャンペーン期間中にモバイル機器により収集されたデータを集計することができます。これにより、同ブランドのキャンペーンにおける最新動向や反復パターンをブランドが特定し、分析することが可能です。有効なデータ分析の秘訣は、同じ場所におけるオーディエンスの訪問回数に着目することです。

モバイルデータは常に改良され、更新されています。モバイル決済や店頭プロモーションがさらに幅広く導入され、モバイルマーケティング予算が拡大したことにより、モバイルアトリビューションの需要が高まりました。そのため、ブランドが優勢を維持するには、最新のテクノロジーに関する情報を常に把握するとともに、ブランドによるマーケティング活動の成果を測る必要があります。

モバイルアトリビューションを測定するというのは発展的な手法です。消費者のフットフォールを促進する誘因を特定することが困難であることから、現行におけるアトリビューションの測定は、100%正確なものではありません。但し、媒体の直接的な効果を測定することができれば、オフラインキャンペーン測定のブラックホールにおける大きな前進となります。この謎が溶けるまで、技術者とマーケターは確定的な結果をもたらす完璧な手法を共に探し求めなければなりません。

Also published in Enterprise Innovation .