データ収集のためにドローンを用いた実験を実施

グローバル・ロケーション・プラットフォームの設計手法からアドテクノロジーのインフラ構築に至るまで、ニアーでは常に、テクノロジーに関して革新的アプローチを考案しています。地域全体における無線データの収集準備にあたり、当社は興味深いアプローチを採用しています。

これまで、ニアーは自転車、自動車、電車を使って、さらには階段を上ってWi-Fiや携帯電話基地局から発せられる信号等のデータ収集を行ってきました。こうした無線データにより、GPSやオペレーターの力を借りることなく、ニアーのロケーションプラットフォームにより正確な場所にデバイスを設置することができるのです。

本日、当社はドローンを用いてデータ収集を行うという初期試験を開始しました。これまでに得られた結果はすばらしいものです!これが最も効率的な手法であることも分かりました。


その他の媒体に代えてドローンを用いることで際立った強みがもたらされるのは、以下の最も重要な3つの側面です:

  • より標高の高い地域を網羅
  • 道路を超えた範囲を網羅
  • GPSにより制御された飛行経路

ロケーションデータ収集を目的とするドローンの使用により、人間の介入を大幅に削減し、アクセス不能な地域におけるデータの照合プロセスが容易になります。また、ドローンを用いることで、大規模なロケーションデータを素早く同化することができます。現状においてはデータの同化により多くの労力を要することから、これは、より早い段階で市場に新規参入できることを意味します。私たちは新たなスケールの話をひとまとめにしているのです。

一連の試験が成功裏に完了した場合には、選択地域においてドローンを使用して、オーディエンスのプロファイリングデータに不可欠な無線データを収集することを計画しています。当社はプライバシーと法令の遵守を最も重視しています。ここで明確に申し上げておきますが、当社は信号を受動的に収集しているのみであり、映像や写真として記録しているものではありません。また、当社においては個人情報(PII)を取り扱っていません。

Also published in B&T .